• 当施設の利用料金は、公的な給付費の対象となります。受給者証を取得することで国と自治体から利用料金の9割が給付され、1割の自己負担で支援が受けられます。
  • その他にも、前年度の所得額に応じて保護者の負担する額の上限が定められます。
  • 具体的な金額は国や自治体によって定められます。